探偵に浮気調査を依頼したい。でも探偵ってお金がかかりそうなイメージですよね。調べたいけど費用はあまりかけたくない。できるだけ短期間、ズバリ1日だけの浮気調査なんて可能なのでしょうか。そして浮気調査は1日だけで充分と言えるのでしょうか?

浮気調査は1日だけの調査も受けてもらえるの?

探偵会社によりますが、1日だけの調査は可能です。多くの探偵会社が時間料金制を導入しているので、調査したい時間だけという依頼にも対応してもらえます。時間料金制の料金体系は主に次の2つです。

  • 時間課金制

人件費(稼働時間×探偵の人数×1時間あたりの料金)+ 諸経費(フィルム代や交通費など)

探偵が稼働した分の人件費と稼働するための経費がかかります。

  • パック料金制

基本料金(最低稼働時間)+ 延長料金(1時間ごと)

最低稼働時間が設定されています。この定められた時間内で依頼したい場合でも一定時間の料金はかかるシステムです。ただし基本料金の中に何が含まれているのかは探偵会社ごとに異なります。

基本料金方式の場合は最低稼働時間と自分が調査を依頼したい時間との兼ね合いで損かお得か決まりますが、1日だけの調査であれば基本料金方式ではない料金体系とそう大差はありません。

浮気調査の相場は1日いくら?料金の詳細教えます!

 

1日だけの浮気の証拠でも大丈夫?

では1日だけ浮気調査を行ったとします。もしこの1日の調査中に夫と浮気相手がラブホテルに行ったとしたら、1回分の不貞の証拠は入手できます。でもあなたが夫と離婚や慰謝料請求を考えている場合は1日だけの証拠では不充分です。

離婚訴訟になった場合、裁判所は1回の不貞では離婚に至るほどの事由とは認めてくれません。不貞を証明するためには複数回関係があったことを示せないといけないため2回以上の不貞の証拠を手に入れたほうが確実でしょう。

浮気している夫と離婚をする時に準備することは

決定的な浮気の証拠がない状態でも離婚できる?不利にならない?

 

調査の日程を決めてピンポイントで依頼するメリットデメリット

浮気調査を1日だけ依頼したときに生じるメリットとデメリットをおさえておきましょう。

ピンポイント調査のメリット

探偵が1日稼働した分の料金ですむので、格段に費用がおさえられます。例えば一番浮気相手と会う確率が高い仕事帰り、19時から24時までの5時間調査を依頼したとします。数社の探偵会社のホームページでは以下の料金でした。

A社:調査員2名 70,000円(諸経費込)

B社:調査員2名 69,000円(諸経費込)

C社:調査員2名 58,000円 + 交通費

D社:調査員2名 82,700円 + 経費(交通費、フィルム代)

全ての探偵会社でこの金額が適応される訳ではありませんが、ピンポイント5時間の調査であれば10万円を切る料金で調査が可能です。

ピンポイント調査のデメリット

浮気調査が長引くと損

どんな業界でも同じシステムだと思いますが、単品購入より複数購入の方が割引幅が大きくなっていきますよね。探偵会社も同じで、最初に1日だけで依頼した時より長期で依頼した方が、時間単価がより安く設定されています。例えばメリットで料金を出したD社の場合、5時間調査を1回のみだと人件費は82,700円です。でもこれを最初から数日調査を行うパックプランにすると1時間あたりの人件費単価が以下のようになります。

・5時間調査を  1日間調査(計  5時間) 1時間あたり    16,540円

・5時間調査を  3日間調査(計15時間) 1時間あたり    12,000円

・7時間調査を  5日間調査(計35時間) 1時間あたり    11,142円

・7時間調査を10日間調査(計70時間) 1時間あたり    10,000円

つまり1日だけの調査で絶対に終わらせるのであれば単日依頼が一番格安ですが、調査を継続する場合はパック料金の方が安くなります。1日だけの調査を何度も行うと割高な料金を何度も支払うことになるため、調査が長引く可能性がある人だと最終的に損になってしまいます。

浮気相手の充分な情報収集ができない

浮気相手が特定できている場合はいいのですが相手が特定できていないけど知りたい場合、1日だけの調査では良くて住所までしか調べられません。

浮気相手が1人とは限らない

何も浮気相手が1人とは限らず、複数居る可能性もあります。その場合1日だけの調査では、その中の1人しか特定できないですし、証拠も1人分しかおさえられません。裁判において不貞行為はその頻度によって罪が重くなります。

不特定多数の浮気でも慰謝料請求して離婚できる?

 

浮気調査の日程の決め方

浮気調査は夫が浮気相手と密会する日にするだけではなく、その日をどうやって確かめるかが重要です。密会日を特定するために、日頃から夫の行動を一部始終チェックしましょう。

  • 帰宅時間

帰宅時間を記録しておくのは勿論のこと、帰宅時間が遅くなる時は遅くなる理由(例えば会議や接待など)も記録しておきましょう。嘘をついている場合は日常の会話でつじつまが合わないことが出てくるかもしれません。

  • 帰宅時の様子

普通は仕事で帰宅時間が遅くなれば『あー疲れた』という顔で帰って来るものです。でも浮気で遅くなったときは疲れていませんよね。

  • スマホ(携帯)

浮気しているならスマホや携帯にはロックがかかっているでしょう。これを無理矢理解除して見ることはプライバシーの侵害になってしまうのでお勧めできません。ロックの解除をしないで見られるものだけにとどめておきましょう。でも密会日前後は浮気相手との連絡のため自宅でもスマホを気にしている可能性はありますね。そこは要チェックです。

  • あなたへの対応

人は後ろめたいことがあると確認したがるものです。密会日のあなたの行動をそれとなく聞いたり、機嫌をうかがったりすることはありませんか?

これを1ヶ月程記録し、全てを連動して『この日』と思った日が調査をするのに適した日です。密会日の前に取った行動を良く確認して次の密会日を特定しましょう。

浮気調査の日程が変更になる場合キャンセル料はかかるの?

『ここ!』と思って調査を依頼したけど急にその日夫が本当に出張になったとか、朝夫が急に高熱を出して家に居ることになった、なんてことも時にはあり得ますよね。そんなときキャンセル料金はどうなるのでしょうか。

調査を全て中止する場合はタイミングによって多額のキャンセル料金が必要になりますが、多くの探偵会社はどうしようもない日程の変更は依頼者の落ち度ではないため無償または低額で対応してくれます。ただしいつの段階まで変更が許されるかは探偵会社ごとに異なるので、契約時に確認が必要です。

浮気調査の解約にキャンセル料はかかるの?

 

浮気調査を依頼してから調査するまでの期間?

調査を依頼してから実際に調査を開始するまでは数日を要します。

まず契約です。探偵会社は契約するにあたって、あなたに会社説明や契約内容の説明をしなければなりません。契約書を発行しなかったり説明をしないで契約した場合は違法となるため、いきなり電話で『これからすぐ調査して!』ということはできません。

契約の次は下調べです。あなたからの情報を元に本調査の前に下調べを行います。下調べをすることによって調査の精度を上げるのが目的です。下調べが終わった段階で本調査に移ります。契約からここまで、探偵会社によって異なりますが、早くても3~4日を要します。

もちろん下調べ無しで、即日(契約後すぐ)調査をしてくれる探偵会社もあります。でも日常生活で何か物事をするとき、準備が不充分だと何かとトラブルが起き易いし、トラブルが起きてしまったときに対応ができなかったりするものではないですか?これは探偵にも同じことが言えます。準備ができない分調査の精度は下がります。対象者(夫)を見失ったり、時には勘付かれてしまったりという失敗がでてきてしまうのです。

探偵の浮気調査にかかる期間は?いつまで調査すればいいの?

浮気調査を依頼するタイミングは何日前?

人員配置や機材の準備等がありますので依頼も早めがいいに越したことはありませんが、密会日が前日や当日に分かることもあります。その場合はもちろん対応してくれます。

でも、前日や当日にしていいのは調査日の依頼だけです。探偵会社との契約、調査に必要な情報の引き渡し、探偵会社が下調べをする期間は別で設けてください。それが浮気調査を成功させる鍵になるのです。

できるだけ時間的な余裕は長いほど浮気調査は確実になります。自分が悩んでいるなら、その時点で探偵に相談してみてもいいでしょう。

ネットを使って浮気調査のために使う探偵の選び方

 

 

浮気の証拠を夫との離婚に備えて集めたいなら?