携帯電話は浮気の証拠が満載です。浮気調査をするのなら多少の危険をおかしてでも確認しなければならないアイテムです。

でもいざ電話の発着信履歴・メール・Lineと見ても浮気の影が見えずに悩んではいないでしょうか。最近はこんな事態が多発しているのです。

その原因はGmailというフリーメールの存在です。複数のアドレスを手軽に持てることから、浮気相手との連絡手段にGmailを使う浮気夫が急増しているのです。Gmailと浮気の実態を調査しました。

Gmailが浮気の連絡手段にされやすい理由

今やフリーメールと言ったら代表格はGmailですね。携帯キャリアのメールアドレスと違ってどんな端末でもメールを見ることができることや、機種変更をしてもフリーメールであればアドレスの変更が無いことなど利点が多いので、パソコン・スマホを利用している人なら1つはアカウントを持っている人が多いです。

そして世の浮気夫達は携帯キャリアのメアドやLINEよりGmailのようなフリーメールの方が浮気が発覚しにくくなることに気が付き、徐々に移行しているのです。何故浮気夫達はGmailを使うのでしょうか。

スマホに始めから登録されている

Gmailはご存知の通りGoogleが提供するwebメールです。ほとんどのスマホに最初からアプリが登録されています。面倒な作業もなく初期設定だけですぐにアドレスが発行されることから、浮気するしないに限らず利用する人は多いでしょう。今は携帯キャリアからのアドレスが無い場合もあり、よりGmailなどのフリーメールを利用する人が増えています。

複数アカウントを持つことができるから使い分けができる

携帯キャリアから提供されるメールアドレスは1つです。複数持つこともできますが追加の料金が掛かります。Gmailであれば何個アカウントを作っても無料です。持てるアカウント数の制限も無いため1人で複数アカウントを気軽に持つことができます。浮気をしていない人でもプライベート用・仕事用など使い分けている人も居ると思います。浮気夫達は複数のアカウントを持って、妻には『○○○@gmali.com』を教えて、浮気相手には『△△△@gmali.com』など、相手によって違うアカウントを教えます。妻は自分が知っているアカウントのメールチェックはしてもそれ以外のアカウントを知らなければチェックはできませんから、浮気夫にとっては好都合なのです。

Twitter、フェイスブックのアカウントを複数持てる

浮気夫達は何もGmailをメール機能の利用目的だけでアカウントの作成をするわけではありません。TwitterやフェイスブックはGmailのIDでアカウントを取得できますから、複数のGmailアカウントを持っているということは、複数のTwitterやフェイスブックのアカウントも持てるということです。Gmail同様Twitterやフェイスブックも使い分けているのです。

Facebookから浮気を暴く!メールに浮気の影が見えない時はSNSを見よう

 

フリーメールだから出会い系に登録しやすい

出会い系のSNSに登録する場合もメールアドレスが必要になります。Gmailで複数のアカウントを持っているとその分だけ複数の人間になりすまして登録ができるのです。携帯キャリアから提供されるアドレスと違ってフリーメールであればアドレスから個人を特定するのも難しいのでより気軽に登録できるのでしょう。

一部の調査によると有責者ほど自分の立場や身分が分かってしまうことを恐れて、フリーメールで使い分けをする傾向があるようです。

アプリに浮気の証拠が見えない時はブラウザで浮気相手とやり取りをしているケースも

スマホのGmailアプリから閲覧できる受信ボックスだけを確認して、『浮気の兆候はない』と喜んではいけません。アプリには1つのアカウントだけを登録して他のアカウントのメールを見えないようにしている場合があります。そんな時はブラウザからGmailをチェックすると、登録しているアカウント全てのメールが見られます。

ただしブラウザからGmailを見るときは注意が必要です。Gmailはログイン履歴が残る(アカウントアクティビティの詳細)ため、前回ログインした日時が自動で表示されてしまうのです。夫がログインしていない日時にログイン履歴があると、あなたが見たことが夫に気が付かれてしまいます。また、たまたま夫がログインしている時にあなたが違う端末でログインすると2重ログインとなり、警告が画面に表示(同時セッションに関する情報)されてしまうため、夫はその場で不正にアクセスしていることに気が付いてしまいます。

浮気をしている人はGmailをこんな風に使っている

浮気にGmailは次のように使われた実績があります。

アドレスを供用して下書きで連絡

これは記憶にある人も多いでしょう。某国CIA長官が浮気相手とフリーメールのアドレスを作って、送受信しないで下書きに連絡を保存してお互いに確認する、という手口です。送受信すると情報が漏れることはあっても下書きであれば漏れないというところに目を付けたのです。既に日本でも模倣犯が居るようです。

共有カレンダー

Gmailには共有カレンダーという機能があります。不倫カップル通しで共有カレンダーを使って密会日の連絡をするという手口です。

手帳のスケジュールやカレンダーから夫が浮気をする日程がわかる

 

2つのフリーメールを使って巧みに転送

これは浮気夫1人の犯行ですが、2つのアドレスを作り、浮気相手からのメールだけ別のアドレスに転送されるように設定しておきます。メールの送受信の削除を忘れて浮気が発覚するというミスもなく、完全に浮気メールの痕跡を残さないように準備しているのです。

メールやラインのやり取りはどこから浮気の証拠になる?

 

メールやラインを見ても浮気の痕跡がない時はGmailを探ってみよう

Gmailは夫の浮気に苦しむ妻達にはとても都合の悪いアイテムのようです。インターネットでも浮気をするならGmailと言わんばかりのサイトがあふれています。夫が本気で浮気の発覚を防ごうとあらゆる手段を講じている場合は、Gmailから浮気を調べるのは難しそうです。

あなたが自分の浮気を疑って探っていると気がついたら警戒を更に強められてしまいます。

そんなときの浮気調査はGmailからではなくそれ以外の方法で行うのが得策です。

≫パソコンやケータイ意外から夫の浮気を確かめて証拠を集める方法はこちら