今や老若男女誰もが持っている携帯電話。この便利な通信ツールがあることで浮気もしやすくなったのでしょうか。

そんな携帯電話で夫が浮気相手とやり取りをしていることが分かりました。妻からすれば夫と他の女性が楽しそうに電話で話しをしているだけでも充分浮気ですよね。でも電話で話しているだけで浮気になるのでしょうか。

通話履歴は浮気の証拠になりません

通話履歴や着信履歴は単なる通信の記録です。

通話履歴や着信履歴は状況証拠にはなりますが、浮気の証拠にはなりません。

浮気相手とだけではなく、仕事でも友達とでも異性と電話をする機会はあるでしょう。通話していたという事実だけでは浮気しているのかどうか判断はできませんし、夫と浮気相手に肉体関係があるということにもなりません。

浮気をしている人は通話履歴をごまかす傾向がある

通話履歴や着信履歴は浮気の証拠にはなりませんが、浮気相手を知る手がかりにはなります。

でも浮気している夫が分かりやすく女性の電話番号を『○○ちゃん』などと女性の名前で登録していることは稀でしょう。

着信で浮気が発覚しないように、最近の浮気夫は以下のような手口を使っているようです。

  • 架空の人物や会社の名称で登録

以前からあるオーソドックスな方法です。

  • 氏名を『非通知設定』で登録

浮気相手から着信があると『非通知設定』と出るわけです。すると人間の心理としてワン切り電話などと考え、まさか浮気相手とは思わないものです。

  • 浮気相手の電話番号の前に『186』を入れて登録

『186』を入れて登録しておけば、浮気相手から着信があると番号だけが通知されます。すると知らない人は『連絡先に登録されていない人からの着信=相手は親しい人ではない』と思い込む、そんな心理を利用しているようです。

通話履歴は問い合わせたら教えてもらえますか?

通話履歴はその携帯電話の所有者であれば期限を限られて開示してもらえます。

ですが例えば夫名義の携帯電話の通話履歴を妻のあなたが教えてくださいと言っても、開示してもらうことはできません。

以前は裁判で必要と判断された場合のみ弁護士からの依頼であれば開示されていたようですが、最近は刑事事件でもない限り(例えば離婚裁判程度では)開示されることはありません。

電話番号による素性調査は殆どが違法行為!?

ごく少数の探偵会社で、携帯番号から相手の素性(氏名や住所)を調べられますという広告を出していますが、これは多くは違法行為によって入手した情報を使っています。

以前、ある探偵に通信会社社員が顧客情報を横流しして利益を得て、探偵と共に逮捕された事件がありました。このような違法行為によって得られた情報が闇で売買されて使われているのです。

違法に得られた情報は司法では証拠として認められません。また正当に仕事をしている探偵会社はこのような違法調査は絶対にしません。広告に惑わされて依頼することは避けましょう。

浮気相手と別れてほしいなら浮気相手に電話しちゃダメ

夫の携帯に頻繁に同じ電話番号からの着信があったり夫から発信している履歴があれば浮気を疑って当然でしょう。

そして番号が分かっていれば相手に電話をすることは簡単です。でも着信履歴や発信履歴だけで一方的に「夫と別れて!」と電話してしまうのはお勧めできません。

電話はあくまで電話です。妻の立場からすれば頻繁に連絡を取り合っているだけで許されることではないのは理解できますが、電話している事実だけでは不貞どころか実際に2人が会っていることすら証明できません。夫にも浮気相手にも「証拠は?」と言われてしまったら返す言葉もないでしょう。

浮気相手と別れさせたいと思ったときには浮気相手と夫に浮気を認めさせることが重要です。なので、浮気していると分かっていても、感情に任せて浮気相手に電話をするのはやめましょう。

そのためにははっきりと浮気をしているという証拠を抑えることが必要になってきます。

浮気の証拠は不貞を証明できるかどうかが重要

また司法に「夫と浮気相手が電話で連絡を取り合っています!浮気です!」と訴えたとしても、電話で話しをしているという事実だけでは不貞の証拠にはならないため離婚訴訟を起こすことすらできません。

当然ですが、証拠がなくて浮気相手や夫が浮気を否定しされると、あなたの要求は受け付けてはもらえません。浮気をしていることを司法に認めさせるには夫と浮気相手が不貞行為を行っていることを証明することも必要です。

  • ラブホテルに出入りしている写真

最低でもラブホテルに入る写真と一定時間(一般的には40分以上)経過して出てくる写真の2枚が1セットで3セットが必要です。

  • どちらかの自宅に出入りしている写真

ラブホテルは通常不貞行為をするための場所ですが、自宅はその限りではないためラブホテルへのより更に頻繁に出入りしているという証明が必要となります。①と同様に一定時間滞在したことを証明する写真2枚を1セットとして5セットあると訴訟になっても有利です。

  • 不貞を行っているどちらかの自白

写真がなくても本人達どちらかが不貞を認めれば確たる証拠になります。口頭だけでは証拠になりませんが、アナログ機材で録音する(デジタルだと加工できるため証拠能力が低くなるため)か書面に残せば充分に不貞の証拠となります。

通話履歴や着信履歴はあくまで状況証拠

浮気の定義は世間一般と司法では大きく異なります。

世間一般では電話のやり取りだけでも充分裏切り行為ですが司法では浮気とは認められませんし、夫や浮気相手に通話履歴だけで浮気を認めさせることは難しくなります。

特に離婚や慰謝料請求などを考えている場合は不貞行為が分かる証拠が必要になるため通話履歴のような状況証拠だけで動くのは得策ではありません。

できる限り、夫と浮気相手に浮気をしていたと認めさせることが重要になってきます。通話履歴から浮気の頻度や浮気相手と会っている時間帯が分かることもあります。

浮気相手と別れさせたい、夫と離婚したい、慰謝料請求したいといった要望があるのでしたら、探偵に浮気の証拠を押さえてもらうと確実です。

≫≫夫の浮気を確かめて証拠を集める方法はこちら