探偵に浮気調査をお願いしようにも非日常の世界で、いったいいくらが適正金額なのか分かりませんよね。たかだか尾行して写真撮るくらいなのに1日15万円もかかると言われたけど、なんで?しかも場合によっては100万円かかるとか。どうしてそんな金額になるのでしょうか。探偵の調査費用の内容から適正な金額がいくらなのか調べていきましょう。

浮気調査1日分の費用の相場は?

浮気調査にかかる費用の大半は、人件費と経費です。人件費は探偵が動いた時間にかかる時間給です。なので、一日1いくらというよりも、探偵の料金を見るときは1時間でいくらという見かたをします。

調査員2名での調査料金の相場は1時間あたり1.5~2.5万円です(東京都調査業協会調べ)。

経費は一般的には車両代・交通費・駐車場代金・高速代・フィルム代・器材使用料などが含まれます。

人件費

浮気調査は2名以上の調査員で行います。中には5名体制など大人数を動員して尾行を行う探偵会社もあり、調査員が増えれば人件費は加算されます。費用をおさえるために調査員を1名にしてください、という依頼はなかなか探偵会社側も受けられません。

一番単純な話しだと、1人で何時間も尾行していたら、その間お手洗いにも行けませんよね?だから浮気調査で見逃さないようにするためには2名以上の調査員が必要なのです。

人件費がどのくらいかかるかは1日の中で何時間調査を行うのかによります。3時間なのか5時間なのか8時間なのか、調査に必要な時間によって変わってきます。調査員2名、1時間あたり2.5万円で計算すると、3時間で7.5万円、5時間で12.5万円、8時間だと20.0万円です。

経費

経費については相場はありません。というのも経費が変わってくる大きな要因は調査で移動する距離です。例えば東京都の探偵会社に浮気調査の依頼がありました。依頼者が求めるものは、夫と浮気相手の不貞の証拠となる写真です。

  • 丸の内に勤務する対象者を新宿のラブホテルまで尾行して証拠写真を撮りました。
  • 丸の内に勤務する対象者を出張先の福岡まで尾行して、浮気相手と密会したホテルに宿泊して証拠写真を撮りました。

東京都内の丸の内から新宿までの移動であれば片道数百円ですみます。東京から福岡まで行くとなると交通費が数万円かかり、探偵会社によっては遠方出張料金が発生することもあります。更に調査員が宿泊するとなればホテル費用も依頼者負担となります。同じ不貞の証拠となる写真を1枚撮影するだけでも①より②の方が経費が格段に高くなります。

よく調査費用は経費込みですとうたっている探偵会社また料金プランがありますが、それはあくまで①のような近距離の調査のみです。②のように特殊な調査の場合は別料金がかかる可能性が高くなります。

浮気調査で追加料金は請求される?水増し請求を防ぐために

 

浮気調査1日に15万円は適正?

これは1日の中で何時間調査を行うかがポイントになります。8時間調査をしてくれるのであればとても格安な料金ですし、3時間ならぼったくりです。では浮気調査は何時間行うのが適当なのでしょうか。

浮気・不倫経験のある既婚男性300名に『浮気相手と会うのは1回につき何時間くらいですか?』という質問をしたアンケート結果があります。

Q 浮気相手と会うのは1回につき何時間くらいですか?

WS000000

圧倒的に多いのが3~5時間で約7割にのぼります。仕事帰りに浮気相手と会い、終電で帰るパターンと推測されます。この結果から浮気調査は密会前後の時間を多少含めて4~6時間が妥当といえるでしょう。

では仮に人件費を相場で示した調査員2名、1.5万円と2.5万円、調査時間5時間で計算してみましょう。

(調査員2名) 1.5万円 × 5時間 =  7.5万円

(調査員2名) 2.5万円 × 5時間 = 12.5万円

この人件費に経費が加算されます。車両代金1日1.0万円~1.5万円(東京都調査業協会調べ)とガソリン代・駐車場代・撮影用フィルム代・機材使用料がかかるとすると、トータルでおおよそ10万円から15万円程度ということになります。1日15万円という調査費用は安いわけではありませんが、適正な金額の範囲内と言えます。

浮気調査に100万円もかかることはありますか?

100万円は大金ですが、1日5時間調査で費用が10万円から15万円だとすると、単純計算で多くても10日間分です。調査期間が長くなるまたは経費がかかる場合は100万円程度にはなってしまう可能性はあります。実際に100万円になりそうなパターンは以下が考えられます。

・浮気相手との密会日が全く分からない手探り状態での調査

密会日が分からない場合は何日も空振りの日があると想定されるため、調査に時間がかかることが予想されます。

浮気・不倫経験のある既婚男性300名に『どのくらいの頻度で浮気相手と会っているか』という質問をしたところ、月に2~3回程度が一番多く24.1%、次いで月1回程度が23.1%と、約半数のカップルが月に1~3回程度しか会っていないのです。密会日が全く分からないとなると、何ヶ月も調査をしなければならないこともありそうです。

Q どのくらいの頻度で浮気相手と会っていますか?

WS000001

・浮気相手が遠方の単身赴任先にいる

単身赴任先に浮気相手が居ると人件費も経費も高額になり遠方出張料金も加算されます。ただし全国展開している大手の探偵会社では各支店から調査員が派遣されるので費用がおさえられます。

・浮気相手が複数居る

浮気相手が1人とは限りません。何人もの女性との密会現場をおさえるとなるとそれだけ調査に時間がかかります。

・夫の素行調査と浮気相手の素性調査を行う

浮気相手にも慰謝料請求をしたい場合は相手の女性の名前や住所などの情報が必要です。また素性を知りたいとなると調査時間も長くなります。

浮気調査の金額が高いほど、しっかり調査してくれる探偵なの?

世間一般に共通すると思いますが、金額が高ければ全てがいいということはありません。安くても美味しいお店はありますし、安くても心地いいサービスをしてくれるお宿はあります。ただ安ければいいということもありません。安いなりの理由があることもあります。金額と内容は正比例しないのです。これは探偵にも同じことが言えます。

だとすると何を基準に探偵会社を選べばいいの?と思いますよね。しっかり調査をしてくれる探偵の見極め方は以外と簡単です。

  • あなたの話しを聞いてくれる

これが一番重要です。浮気調査をするには夫の浮気に関する情報が必要です。あなたから情報を聞きせず二つ返事で依頼を受けるような探偵会社は、依頼者のために調査をする気がありません。

  • 費用の説明に曖昧な箇所がない

依頼者にとって心配なのは1番に結果、2番目に費用です。特に探偵は高額な費用がかかりますから、契約前に明確な説明をしない(できない)探偵会社は信用できません。探偵会社を選ぶときは複数の見積りを取ることをお勧めしますが、他社と比較して『これこれなので他の探偵会社より高額になります』と適格な説明があり、その説明にあなたが納得できるのであれば適正な料金と考えていいと思います。

  • 適格なアドバイスをしてくれる

探偵会社に何度も調査を依頼している人なんてそういませんよね。自分が今後何をしたらいいのか、何をしてはいけないのかすら分かりません。だからこそあなたの話しを聞いた上であなたに最適な調査方法やプランをアドバイスし、調査が成功するように導いてくれる探偵会社は信用できます。

浮気調査を失敗せずに費用をできるだけ安く済ませるためには?

浮気調査に1日15万円は適正料金

1日15万円というと日常生活の中でそうそう『はい』と出せる金額ではありませんが、浮気調査の費用としては適正の範囲内です。そして調査の内容によっては100万円を超えることも考えられます。

だからと言って安いだけで探偵会社を選択してしまうとろくな調査もせずに費用だけ取られる事態にもなり兼ねません。提示された金額だけに惑わされず、話しを聞いてくれるか、あなたが出せる費用の中でできる調査内容をアドバイスしてくれるかを見極めてから契約を進めましょう。

予算が限られてる専業主婦でも浮気調査できますか?

 

 

≫≫夫の浮気を確かめて証拠を集める方法はこちら