養育費は浮気されたのに支払い義務はあるの?

妻の浮気が原因で離婚することになり親権まで取れないとなると大変辛い状況です。そのうえ子供の養育費の支払いを請求されると「なぜ浮気をした妻にお金を渡さなくてはならないのか?」となんともやりきれない思いになります。

 

離婚後の養育費や慰謝料など金銭的な悩みは多くの方が抱えるものですので少しでもその負担を軽くできないものか考察してみましょう。

 

浮気をされても養育費を請求されるのはなぜ?

あなたは養育費を支払わなくてはいけないのか納得できない理由として「妻の浮気が離婚の原因だから妻にお金を支払う筋合いはない」とお考えなのかもしれません。しかし養育費とは子供の生活を保持するために必要とされる費用のことで親としてあなたが親として果たすべき扶養義務なのです。ですから離婚の理由がどんなものであっても親である以上養育費の支払い義務はあるということです。

 

養育費を支払わなければならない理由

  • 離婚により夫婦関係は解消されても親子関係までは切れない。
  • 子供を養育する義務は実際に同居しているかどうかは関係ない。
  • 子供が自立するまでは親による生活保持義務がある。
  • 養育費は子供が受け取る権利なので妻の浮気は関係ない。

 

浮気された妻にお金を渡すのは釈然としないかもしれませんが妻は子供の代理者としてあなたに養育費を請求する権利があります。あなたは妻に対しての複雑な思いはあっても親として子供に養育費を支払いましょう。「それなら子供に直接渡したい」ということも頭をよぎるかもしれませんが後々「養育費をもらってない」などと言われると支払いの証明をするのが大変難しくなりますのでしっかりと記録に残る方法で支払ってください。

 

どうしても養育費を支払いたくない時の方法

支払いたくなくても養育費は請求されたら基本的に支払わなければなりません。請求から免れる方法はほとんどないと言っても過言ではないです。でもしばしば「元夫から養育費の支払いがなくて困っている」などの声も聞こえてきますよね?そんな請求されていても支払いをしていないパターンを見てみましょう。

 

養育費が支払われていない理由

  • 離婚時に養育費の支払いについて約束をしていない。
  • 元夫の収入が著しく低いか借金がある。
  • 住所や職場、電話番号が変わっていて連絡がつかない。
  • 時効を主張している。
  • 再婚して子供を養育してくれる親ができたから支払う義務は消えたと言われた。

 

いかにもありそうなことでどれも支払わない理由として成立しているかのように思えます。

しかしこの中に正当な理由として認められるものは実は何一つありません。元夫が支払いをしないで逃げ切っている、と考えるよりは妻の方が諦めているのがほとんどだと思われます。なぜならこのような理由を振りかざされた時に解決する手段や方法を知らないからです。また知っていても実行するだけの労力や犠牲を払いたくないのが実情のようです。

 

支払いを拒み続けたらどうなるか

養育費は非免責債権ですのでたとえあなたが破産をしても支払い義務は残ります。また時効もありません。請求を無視し続けると財産や給与の差し押さえ、いわゆる強制執行をされる可能性があります。

 

可能性としての減額請求

あなたが普通の生活を送っている限り養育費の支払いからはほぼ逃れられませんが減額できる可能性はあります。あなたの収入が失職や重い傷病によって大幅に少なくなった、妻の方があなたより明らかに裕福になり経済的に余裕がある場合などです。しかしこれらのような事情がない限り減額は認められないのが一般的です。

 

絶対に支払わなければいけないのか?

いくつか支払いを免れる方法があります。生活保護を受給している、行方不明になり家族を含めて音信不通になる、もはや働けなくなるほどの重大な疾病に侵される、究極には死亡することです。しかしどれもハードルが高かったり自分の意思では難しいことですので現実的とは言えません。

 

慰謝料や財産分与と養育費の関係

離婚の際に金銭面で協議することになるのが慰謝料と財産分与そして養育費が中心です。それぞれ性格が違うものになるので「慰謝料はいらないから養育費を支払わない」「財産は全てあげるから養育費は支払わない」などはできません。浮気をされたあなたは当然慰謝料を請求できますし共有財産については分割しなければなりません。あなたが慰謝料や共有財産の持分を放棄しても養育費を請求されたら支払い義務は生じます。

また妻との間で「養育費は支払わなくてもよい」との約束を交わしていても妻の事情が変わり養育費を請求された場合支払い義務はやはり発生します。「慰謝料をもらってないんだからいまさら養育費の請求は受け付けない」などは通用しませんのでご注意ください。

 

養育費の支払いから逃れる方法は事実上ない

養育費は子供の生活を守るという観点から子供にとって非常に強固な権利となっています。支払わずに済ませるにはあなたは誰の目から見ても支払いが困難なことが明らかな状況を作り出さなければなりません。あなたは妻の浮気にこだわるばかりに子供の将来ではなくあなた自身のことだけを考えてしまっていませんか?

 

浮気をした妻に対して複雑な思いもあると思いますが子供にとってあなたはかけがえのない父親です。そしてあなたも子供のことは愛しているはずです。その大事な子供の未来を第一に考えてください。妻とのわだかまりにとらわれて養育費の支払いから逃れることは子供が幸せになるうえで障害にしかなりません。

 

子供が自立した時にあなたは胸を張って子供と向き合えるように誇りをもって養育費を支払いましょう。子供は離れていてもあなたの行為に感謝をもって応えてくれます。そしてあなたは決して妻の悪口を言ってはなりません。子供の人格形成に悪影響を与えます。子供のために支払う養育費ですから子供がしっかりした人間に育ってくれた時に初めて価値があったお金だったということになるのです。

 

最後に忘れてならないのは妻からは浮気の代償としてしっかりと慰謝料をもらうことです。「養育費は支払うけれど慰謝料はもらえなかった」では浮気され損です。今後のあなたの、ひいては子供の生活設計にも響いてきますので取れるものはとことん取ることをおすすめします。

≫≫浮気の証拠集めで慰謝料・養育費を有利に進めよう