夫が浮気をしていますが子供への影響を考えると離婚に踏み切れません

夫の浮気が発覚し離婚が頭をよぎりますが、子供への影響を考えて踏みとどまっている方は非常に多いと思われます。あなたの家庭内の状況はどうなっていますか?夫は浮気をしていても、家庭内ではいつもと変わらない振る舞いをしていますか?それとも明らかにあなたや子供に対しての接し方は変わっていますか?

 

もしも夫が今までと変わってしまっているのなら、子供は敏感ですから「浮気」のことは理解していなくても夫婦間に亀裂が入っていることは見抜かれてしまいます。「いつもの夫婦喧嘩とは違うな」という感覚を肌で感じてしまいます。あなたが努力して夫との関係を取り繕っていても、子供が成長するにつれていずれはバレてしまうでしょう。

 

さらに夫に浮気の清算をしてもらわなければ、夫の浮気はエスカレートしていき、夫婦関係の再構築は難しくなり子供への影響は次第に大きくなってしまいます。あなたは夫の浮気を許せないなら、しかるべきタイミングで離婚に踏み切るのが得策でしょう。

離婚をすると子供はどう思うのか

「父がどのように浮気をしていたか」にもよりますが、子供にとっては父親には変わりがありません。あなたの気持ちがどうあれ子供には大切な存在なのです。当然離婚をして父親と離れることになれば、心に傷は残ります。

 

子供が幼ければ幼いほど父親の存在は大きいですから、どんな理由で離婚したとしても子供の心の中では「どうして父親と離れなければいけないの?」「なぜ父親がいなくなったの?」といった気持ちが生まれます。あなたはその心にしっかりと寄り添ってあげてください。

子供のためには実は離婚の方がいい

子供にとっては両親の存在はとても大きいものです。どちらがいなくなっても子供にはダメージが残ります。しかし夫とあなたとの関係が上手くいかずに、常に家庭内での争いがあったり、険悪な雰囲気の中での子育てにもメリットはありません。

 

あなたは「子供への影響」を考えてしまいますが、長年ギクシャクした家庭で育つ悪影響についても、よく考えなければなりません。夫が浮気を悔い改め、あなたも心から許し、信頼関係を完全に取り戻せるのであれば、それに越したことはありません。しかし少しでも「棘」が残っている状態では時限爆弾を抱えているようなものです。

 

子供にとっては両親が揃っていることは良いことではありますが、逆に揃っていることで悪影響が大きいなら離婚をおすすめします。子供が大きくなった時になぜ離婚をしたのかを、時間をかけて理解してもらえれば大丈夫です。

 

父親がいなくなることで子供には負担になりますが、それはあなたの努力で子供をサポートしていけば大丈夫です。また夫が浮気をしていたことで、あなたの心情的には離婚後に父親と子供の面会には反対かもしれませんが、子供のためですから父親との面会は、子供が拒絶しない限りは認めてください。

子供が何歳になってからの離婚が一番いいのか?

子供にとっては両親の離婚は大事件です。まさに人生を左右される出来事です。ですから「いつが一番いいのか」というのはありません。ただし、子供が長年両親の不和を見続けなければならない、という事態だけは避けてください。

 

子供が幼く父親によく懐いているようなら、あなたは離婚をためらうでしょうし、子供も父親と離れることを受け入れることができないかもしれません。でもやはり、「子供にとって一番いい選択は何か」を見誤ってはなりません。あなたと子供を裏切り浮気をしている男性は父親である資格はないと思いますので、あなたが子供のサポート態勢をしっかりと整えることで解決しましょう。

母親だけでも上手に子育てしていきたい

子供にとっては父親がどんな行動をしていても「父親」です。たとえ浮気をしていてもです。ですから離婚を決意しても父親の悪口を子供に吹き込むことは慎んでください。父親のことを子供がどう捉えていくかは、子供の成長にともなって「なぜ離婚したのか」をじっくり説明していく過程で変わってきます。

 

あなたが子供のことを一番に考えて離婚をしたことは、必ず子供には伝わります。それは日ごろのあなたの行いから自然と子供が感じるものです。ことさらに自分をよく見せる必要はありません。あなたが子供を一番に思い必死に努力している姿を見て、子供は安心してくれます。

 

仕事で子供と過ごす時間が取れないようであれば、転職も考えなければなりません。子供にとっては経済的な余裕よりも「あなたが子供を一番にしている」という姿勢を感じさせることができるかが重要です。生活のためにはお金も大事なのは当然ですが、子供にとってはいい服を着ることや、ゲームをたくさん買ってもらうことよりも「あなたと過ごす時間」がなによりも大切なのです。

離婚での子供へのメリット・デメリットを考慮しましょう

離婚での子供への悪影響は必ずあります。夫が浮気をしていても、もしも子供自身も父親に離婚の原因がある、と理解していてもです。子供自身が理解することと、心で受け入れることができるかは別物です。しかしそこであなたの父親としての役割が重要になってきます。

 

あなたは子供の心の傷を時間が解決してくれることを期待しないでください。時間が解決してくれるのは、あくまでも「あなたの努力次第」なのです。あなたが子供に対して「常に味方でいること」「寄り添うこと」が最重要です。経済的な苦労は付きまとうとは思いますが、心が豊かに育つことと経済的に豊かであることは、必ずしも両立はしませんよね?子供は心の平安を一番に願っています。

 

あなたは夫へのわだかまりはあっても、決して口には出さずに、子供が父親への気持ちを断ち切れずにいたら面会や文通などでバランスを取ってください。子供のためには辛いかもしれませんが、離婚後も夫とは「子供のため」に連絡は密に取り協力しながら子育てを行ってください。

 

離婚によって子供にダメージが残るのは仕方のない事です。あなたは浮気をされて、今後子供にどの程度悪影響が出るのかをよく考えて、離婚をするなら子供が将来「両親が離婚をしてくれて良かった」と思えるくらいに頑張ってくださいね。

≫≫子供に苦労をかけず幸せにしてあげたいなら浮気の証拠集めから始めよう