夫が浮気をしているので離婚したいのですが証拠は必要ですか?

夫が浮気していることに気付いたあなたは「裏切られた!もうこれでは一緒に暮らすなんて無理!」となっていることでしょう。浮気の事実を掴めば離婚を突きつけて解決できる場合もありますが少し冷静になって考えてみましょう。あなたは浮気されたと感じていても夫が言い逃れをしたらどうしますか?

 

あなたと同じような悩みで苦しんでいる方も大勢いますが皆さんが見落としやすいのは「夫が浮気を認めなかった場合を想定していない」からです。自分が浮気に気付いた時に「これで夫は浮気を認めて離婚してくれるだろう」と安易に考えてしまうのです。離婚を確実なものにしたいのなら客観的に見て浮気の事実が確認できる、つまり夫が浮気を認めざるを得ない証拠が必要です。

 

浮気の証拠があれば夫は離婚に応じてもらえますか?

あなたは夫の浮気の証拠を取り話し合いを要求したと仮定しましょう。その時に夫が「浮気をしたのはあなたのせい」と言ってきたらどう反論しますか?実は浮気をしていた場合でもすでに結婚生活(夫婦仲と言い換えてもいいです)が破たんしていた、ということで浮気が離婚の理由として認められない場合もあるのです。

 

「もう夫婦仲が破たんしていたのだから浮気ではない」なんて一見理不尽ですが法的には破たんしていたことが認定されると浮気は浮気ではなくなりますので「破たんしていたかどうか」を確認してみましょう。

 

・別居

仕事上の単身赴任は別としても夫が一方的に出ていったのか、どの程度の期間別居していたか、別居中に連絡や接触はあったかなどが考慮されます。

・DVやハラスメント

このような事実があったかどうかの立証と一時的なものだったのか長年継続されていたのかも重要です。

・セックスレス

性生活において夫の要求に対して正当な理由もなく長期間拒否していないか?

 

これらの一つでも当てはまっていれば夫が破たんの口実としてきた時に客観的に認められる程度なのか、そして夫が事実であると立証できるかを見極めて反論していきましょう。

よほどのレベルでなければ裁判においても破たんしていることを認められることはありませんが離婚を確実にしたいのであれば夫の言い分を論破できる用意をしておきましょう。

離婚を有利にしてくれる浮気の証拠というものはありますか?

離婚を有利にするためにはまず夫婦関係は破たんしていなかったものの夫が不法行為=浮気をしていた、ということが前提です。そして浮気の証拠としては配偶者以外の異性と「肉体関係(性交渉)があったことを確認もしくは推認できる」ことが要件です。ここでは「確認もしくは推認できる」証拠はどのようなものなのか見ていきます。

 

・現場を押さえる

性交渉の最中に現場に踏み込めればもう言い訳は通用しませんね。

・ラブホテルの出入りの写真や動画を撮影する

ラブホテルは通常性交渉をするために使われる施設ですから出入りを確認撮影されると性交渉があったと認められます。

・肉体関係を認める録音テープや手紙など

匂わせる、ではダメです。確実に肉体関係だと分かる内容であることが必要です。

 

これでお察しかと思いますが単なるメールのやり取りやツーショットの写真、一緒にいたところを目撃したなどでは証拠にはなりません。そして上記の「現場を押さえる」以外では必ず「いつ」「どこで」「誰が」「誰と」がはっきり分からないと証拠能力はがた落ちしますのでご注意ください。

浮気の証拠を取る手段について

浮気の証拠がどのような事柄が分かったあなたは自分で証拠を収集しようと思うかもしれませんし実際にトライしてみる方は非常に多いです。しかしそこに落とし穴があるのです。単純に「夫の後を尾行して映像を撮れば済む」と考えられがちですが事はそう簡単ではありません。例えばあなたが夫のことを見れば分かるように夫もあなたを見ればあなたとのことが分かりますよね?尾行中に一度でも夫があなたを見かければもう尾行はできなくなります。しかも夫は以後気付かれないようにより一層警戒して浮気するようになるでしょう。

 

「自分でできないならどうしたらいいのか?」と悩む必要はありません。そんなお悩みを持つあなたのような方のために「探偵」は存在しているのです。浮気における証拠収集のプロである探偵に調査を依頼ししっかりと証拠を取ってきてもらいましょう。

 

ですが決して「自分で証拠を集めることにして失敗したらお願いしよう」とは考えないでください。失敗した、ということは夫に「夫が浮気に気付いたかもしれない」という疑念を与えることにつながり夫は浮気をカムフラージュしようと行動が複雑になりさらに浮気の痕跡を残さないことに今まで以上に気を配ります。すると探偵のようなプロでも調査が容易ではなくなり最悪は証拠を取れない事態に陥ります。

 

浮気が原因で離婚をしたいなら証拠の確保とあとは交渉力

夫の浮気があなたの思い過ごしや疑いではなく確実である感触があったなら離婚も致し方ないことです。しかし早まって証拠もないのに離婚を切り出せばかえってあなたの立場は悪くなることも考えられます。浮気が十中八九確実だとしても自分一人の力で解決しようとせずに探偵に依頼することでしっかりした浮気の証拠を押さえて夫の退路を断っておきましょう。

 

誰がどう見ても浮気をしていることが明らかな(裁判でも通用する)証拠を手にしたらあとはあなたの交渉力が問われます。まずは夫の浮気があなたの責任によるものではない(夫婦関係が破たんしていない)ことを確認し離婚に応じるように説得してください。

 

ただしいくらあなたに非がなくても夫への復讐心から高圧的な態度や脅迫ともとれる物言いは厳禁です。追い詰められた夫は開き直りや逆ギレをしてしまいせっかく証拠まで取りあなたが有利であるはずの交渉が無駄に長引きます。最後まで焦らずに冷静に話し合いをしてあなたの今までの苦労が報われることを願います。

≫≫浮気の証拠集めで夫との離婚を有利に進めよう

夫の浮気の証拠足りてますか?

最近、夫に「隠れて誰かと電話している」「態度がよそよそしくなった」「夫婦生活を断られるようになった」といった兆候はないでしょうか?こんな事があると夫が誰かと不倫しているのではないかと気が気でいられないことでしょう。

「こんなプライベートな悩みは誰に相談していいのか分からない」と、一人で抱えてしまってはいませんか?そんなとき、探偵事務所が浮気・不倫の悩みをしっかりとサポートしてくれます。
  1. 原一探偵事務所

    原一探偵事務所は調査実績42年、解決実績8万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

    審査基準の厳しい県庁のサイトに探偵として唯一掲載されている探偵社で、「徳光和夫の感動再会”逢いたい”」や「目撃ドキュン」など、多くのテレビ番組にも調査協力している、知名度の高い探偵事務所です。

    原一は探偵事務所の中でも10年以上勤めているベテランの調査員が揃っています。調査力に優れているので、あなたの些細な行動を手掛かりに浮気を確かめたり、証拠を集めることも可能です。

    また、浮気に携わってきたベテランの相談員があなたの浮気の悩みについて真剣に聞いてアドバイスをしてくれます。

    全国に16拠点あり、日本全国を対象に調査を行っています。

    浮気の相談、浮気調査の見積もり無料です。

    ↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

    TEL:0120-03-0032


  1. HAL探偵社

    浮気の証拠を集めたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

    HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

    HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

    また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

    なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

    また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

    ↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

    慰謝料請求の見積もり計算はこちらから

    「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「夫の浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめです。

    ※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

    ↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

    TEL:0120-796-312