パートナーの浮気が発覚したきっかけは、全体の約8割がスマホ(携帯)だそうです。浮気の兆候としてスマホや携帯電話にロックをかけて配偶者に見られないようにしたり、コソコソメールや電話をしたりすることはあまりにも一般的な話しになっていますから、当然と言えば当然かもしれません。スマホや携帯電話には浮気の証拠が詰まっています。調べるポイントを確認しておきましょう。

スマホのいじり方で分かる浮気の兆候

人間は何か隠し事をしていると自分が意識している以上にコソコソしてしまうものです。浮気夫にも同じことが言えるでしょう。あなたの夫は自宅でスマホをいじっている時、こんなことをしていませんか?

リズムが普段と違う(指の動きがやたらと素早い

浮気夫達は十中八九自宅でも浮気相手と連絡を取っています。あなたが席を立って違う部屋に行った隙を狙ってメールやSNSをチェックし、あわよくば返信しようと試みます。そこへあなたが戻ってきました。浮気夫は慌てて画面を切り替えてヤフーニュースを見ていたフリをします。その時の指の動きの早さは、普段とは全く違うものでしょう。

画面の角度

浮気相手からの連絡を見ている時は、あなたに画面を見られるわけにはいきません。無意識のうちに自分以外の人間からは絶対に見えない角度にしてしまうのです。妙な角度でスマホを見ていたら、浮気相手との連絡と見て間違いありません。

裏返して置く

普通の感覚スマホや携帯電話は着信やメールやラインがきた時に画面がすぐに見えるように画面側を表にして置くものです。でも浮気夫達は画面が見えないように裏返して置きます。これも画面の角度と同じで見られたくない心理ですね。

夫が浮気をばれないように気を付けているポイントは?

そんな不自然な行動をしてまで浮気相手とやり取りをしようとしている浮気夫達は、妻達に浮気が発覚しないように様々な工作をしています。

 

まずは『発着信履歴やメール、LINEなどの浮気相手との連絡の削除』です。あまりにオーソドックス過ぎますね。更に『スマホの電話帳登録をイニシャルや苗字だけする』も最近では当たり前のようです。行動編では『妻からのメールや電話にいつでも対応できるようにする』『トイレや浴室にスマホ(携帯電話)を持ち込まないようにする』も最近は必須事項で、これまで「これをしたら浮気です!」と言われてきた分かりやすい行動は見直されているようです。

 

更に最近はスマホの方が浮気が発覚しにくいという理由から、浮気夫達が次々にガラケーからスマホに変更し、浮気発覚防止アプリを駆使して浮気の発覚を阻止しているとのことです。

 

まずは基本のロックです。携帯電話は4つの数字の組み合わせなので、ロックの解除も比較的可能と言えます。でもこれがスマホとなるとやっかいを通り越してロック解除不可能と言わざるを得ないようなアプリがあるのです。既存のロック機能ではなく、より複雑な解除方法にできるアプリやロックを開いた瞬間にスマホのカメラで撮影されてしまうアプリ、何時何分にロックを開きどんなアプリを開いたのか?などが記憶されるアプリなどがあります。

 

またロック解除が滞りなくできたとしても、ホーム画面に自分が隠したいアプリを隠せる(二つのホーム画面)アプリも存在します。更に、スマホの履歴を自動的に消してくれるアプリや浮気相手への通話やメールを最初から保存しないでおくアプリなどもあり、なんとかして浮気の証拠となりそうなものを徹底的に削除する努力をしているのです。夫がどんなアプリを使っているかも、アップルストア、グーグル プレイのダウンロード履歴を見てチェックしましょう。

スマホを調べる時はどこに注目すればいい?

では実際に浮気の兆候を見つけるために、スマホ・携帯のどこに注目したらいいのでしょうか。

着信履歴

電話の発着信履歴は削除されている可能性もありますが確認は必要です。比較的電話をしている回数が多い人が要注意人物です。通常名前は浮気相手の名前をそのまま入力はしないので、イニシャルや苗字だけ、または男性の名前だったり企業名になっていることもあるので名前だけ見て安心はできません。また最近はスカイプを利用している人も多いので電話機能自体が利用されていないこともあります。

メール

メールには携帯キャリアのメアドとフリーメール(Gmailなど)があります。両方共確認しましょう。もし疑わしいメールがあった場合は転送するか写真撮影して証拠保全しましょう。

夫はGmailをつかってこんな風に浮気相手とやり取りをしている

 

ライン

ラインはトークの確認は当たり前ですがタイムラインの確認もしましょう。気になる相手には頻繁に『いいね』や『コメント』をしているはずです。これも浮気が疑わしいものは転送するか写真撮影して保全しておきます。

メールやラインのやり取りはどこから浮気の証拠になる?

 

電話帳

先にもお話しした通り、浮気相手は女性の名前では登録されていることはほぼ無いと言っていいです。特に夫の友達では無い人(あなたの知らない人)はチェックしておきましょう。

通話履歴・着信履歴から浮気の証拠を集めるためには?

 

インターネットブラウザ

インターネットブラウザには検索履歴があります。何を調べたのかは要チェックです。ホテルやオシャレなレストランなどを検索していたら浮気の疑惑は高まります。またGmailなどのフリーメールはアプリに登録されているアカウント以外のアカウントのメールをブラウザからやり取りしている可能性があります。メール自体が見られなかったとしても(開くにはIDやパスワードが必要)開いた形跡があったら何か見られたくない内容のメールのやり取りがあると見て間違いないでしょう。

写真フォルダ

浮気相手と撮った写真が残っている可能性があります。これも浮気と確認できるものは転送するか写真撮影して保全しておきましょう。

SNS

SNSは浮気の証拠が満載と言われています。投稿された写真や写真に付いているタグ、いいね!やコメントなどを確認します。

カレンダー

着信履歴やメールやラインなどは削除してもカレンダーの予定は削除しません。浮気相手とのデートの予定が記載されている可能性があります。

手帳のスケジュールやカレンダーから夫が浮気をする日程がわかる

 

メモ帳

メモ帳には様々なサイトのIDやパスワードが記載されている可能性があるため一度は確認が必要です。

予測変換

メールはその都度削除しても予測変換は削除することは無いと言っても過言ではありません。要チェックです。浮気相手の名前や待ち合わせ場所と思われる場所、ラブラブメールを出したであろうと思わせる言葉(「会いたい」「愛してる」)などが入っていれば浮気は間違いないでしょう。

スマホや携帯電話は浮気の情報の宝庫。隅から隅まで確認を!

夫の浮気の可能性にシロクロ付けるには、スマホや携帯電話をくまなく調べることが近道のようです。ただし調べるにはロックの解除も含めて相当の時間が掛かることが予想されます。その時間が取れるかがカギになるでしょう。また「夫の携帯を見てもいいの?」と思われるかもしれませんが、他人のプライベートを覗き見する行為より不貞行為の方が重罪であることは間違いありません。人それぞれ価値観があるため一概にいい悪いとは言えませんが、夫の浮気が事実なのであれば致し方ないことなのではないでしょうか。

≫≫浮気の兆候を見つけたら浮気の証拠を集めを始めよう