夫がラブホテルを利用している痕跡がありました。ラブホテルは性交渉を行う場所ですから、行った事実があればほぼ浮気は間違いないでしょう。でも実際に夫と浮気相手がホテルに入ったところを確認したわけではありません。ラブホテルを利用していた事実だけで浮気の証拠になるのでしょうか。

ラブホテルを使った跡は証拠になる?

浮気の証拠として証明するためには浮気相手と夫に肉体関係があったと証明することが必要です。

結論から言うとラブホテルを使った形跡だけでは浮気の証拠にはなりません。ですが、浮気について知るための重要な手がかりになります。

ラブホテルのレシート

ラブホテルのレシートがあるということはラブホテルを利用したのですから、普通に考えれば浮気の証拠になりそうなものです。

でもレシートだけでは誰と誰が利用したのかまでは証明できません。誰が利用したのかが分からない以上浮気の証拠にはならないのです。レシートだけでは証拠にはなりませんが、「浮気に使ったホテルの名称」、「ホテルの住所」、「利用した日時」等の情報を知ることができます。

ただし、レシートを発行しないホテルもありますし、夫が外で処分してしまうこともあるため、夫が行ったホテル全てを把握することはできません。

みつけた場合はレシート自体を保管するか写真に撮影して保全しておくことで状況証拠として有効なものになります。

またなかにはホテル名称が入らない、一見ホテルとは分からないタイプのレシートを発行するホテルもあります。なんだか怪しいと思ったらインターネットで調べたり、住所から場所をマップで探して確認してみましょう。

レシートを探れば夫の浮気が発覚することがある

 

ラブホテルのポイントカード・チケット・名刺

ポイントカードやチケットや名刺の類もレシートと同じです。ポイントカードを持っていればホテルや利用した回数は分かりますが、誰と誰が行ったかまでは証明できません。

チケットや名刺は貰っただけと言われればそこまでです。ポイントカード・チケット・名刺も浮気の証拠にはなりません。ポイントカードやチケットや名刺からは浮気をしている頻度を知ることができます。

ラブホテルのクレジットカード明細書

クレジットカードの明細書もそれ単体では浮気の証拠にまではなりません。

クレジットカードは本人だけしか利用できない規則になっていますが明細書だけでは絶対に本人がカードを使った証明はできませんし、仮に夫が使ったと認めたとしても女性が一緒だった証明まではできません。

クレジットカードの明細書からは「使ったホテルの名称」「ホテルの住所」「ホテルを利用した日」といった情報を手に入れることができます。

クレジットカードの明細書でも名称に注意が必要です。請求元をラブホテルだと分からないような名称を使う場合があるのです。ありがちなのは『○○観光』『○○レジャーサービス』『○○○○(個人名)』などです。

明細書を見たときに出張中に使われていたり、残業の日に使われている等不自然な点が見つかるので、注意してみてみましょう。

クレジットカードの明細や請求書を使って浮気を探る方法

GPSでラブホテルに通ったデータ

GPSの記録もそれ単体では浮気の証拠にはなりません。

GPSは行動の記録ですから、たとえラブホテルに行った記録があっても、誰と誰が行ったのかは証明できません。GPS記録からは「ラブホテルの場所」「利用した日時」「滞在時間」が利用できます。

レシートやポイントカード、クレジットカードの明細書、GPSの記録もそれ単体では浮気の証拠にはなりません。でも浮気の証拠を掴むための重要な情報にすることができます。

GPSの記録は浮気の証拠にならないが浮気現場を押さえるのに役に立つ

 

ラブホテルの出入りを写真に収めることで浮気の証拠になる

ラブホテルに行っている痕跡だけでは浮気の証拠にはなりません。ですが、浮気相手とラブホテルに出入りする写真や映像として残すことで決定的な証拠になります。

ラブホテルに出入りする写真を抑えるときに有効なのがラブホテルに入った痕跡です。

でも痕跡から浮気に関する情報を集めて効率的に浮気調査をして、浮気の証拠を入手することができます。

浮気の証拠を押さえるなら探偵を活用しよう

もちろん得られた情報から夫が浮気に使っているホテルは分かっているのですから自分で証拠写真を撮ることは絶対不可能ではありません。

でも浮気の証拠を自分で写真に収めようとすると難易度が高くなります。

浮気の証拠写真を撮影するには、まず夫に気が付かれないように尾行し、夫にも浮気相手にも気が付かれないように遠距離から、時には暗闇で写真を撮る必要があります。

当然ですが被写体の顔がハッキリ撮れていなければなりません。相手に気が付かれないように撮影するだけでも高度なテクニックが必要ですし、暗闇での撮影にはそれ相当の機材(暗視カメラなど)も必要になります。

一番確実なのは探偵など浮気調査のプロに依頼して証拠を入手してもらうことです。

もちろんある程度の費用は掛かりますが、浮気の証拠を入手したいというのであれば、浮気調査に慣れたプロにお願いするのが一番確実な方法です。

探偵に浮気調査を依頼するときに、探偵が一番必要としているものは浮気に関する情報です。実はそれ単体では証拠として不充分なレシートや明細書やGPS記録には、探偵が浮気調査をする上で欠かせない情報が詰まっています。では得られた情報をどのように浮気調査に活用したらいいのでしょうか。

  • 利用しているラブホテルの場所

レシートやポイントカード、GPS情報から浮気をしているホテルの場所が把握できます。利用するホテルが分かっていれば尾行を失敗する確率が低くなります。

  • 利用した日時

利用した日時が分かっていると、密会する日や時間を絞り込むことができます。例えば金曜日、仕事帰りの19時ころから会っていることが多いという情報があると、調査に適した日時を選定することができます。

  • 滞在時間

これはGPS記録からしか入手できない情報です。いつも何時間くらい利用するのかも分かっていればホテルから出てくるタイミングを逃すこともありません。また最悪の場合を想定して夫と離婚訴訟になったとします。その際にラブホテルにどのくらい滞在していたのかは不貞行為を立証する要因になります。司法ではラブホテルでの滞在時間が40分以上あると性交渉があったとみなされるからです。直接的な証拠にはなりませんが、他の証拠と組み合わせて不貞行為があったことを証明する材料になります。

ネットを使って浮気調査のために使う探偵の選び方

 

ラブホテルを利用した痕跡は浮気調査の下準備に使用すると効率的

ラブホテルに行っている事実だけでは浮気の証拠にはなりません。浮気の証拠は夫と浮気相手2人がラブホテルに出入りするところを目で見て確認できなければならないのです。

でもラブホテルに行っている事実が分かっているのであればその情報を効率的に活用して浮気調査を行うことで、証拠を入手することが可能になります。少し時間がかかりますが、1つ1つ情報を積み重ねて浮気の証拠を入手しましょう。

≫≫夫の浮気を確かめて証拠を集める方法はこちら