最近GPSのレンタルが普及したことから利用者も増えています。

GPS機能を使えば、自分が動かなくても夫の行動が分かるので、利便性は高いですよね。

実際に浮気調査でも頻繁に利用されています。

ではGPSを利用して夫が浮気相手とホテルに入った記録が取れた時、その記録は浮気の証拠として使えるのでしょうか。そして、その記録は証拠能力として充分と言えるのでしょうか。

GPSでの記録は浮気の証拠になる?

残念ながらGPSの記録だけでは浮気の証拠にはなりません。なぜなら行動の記録だけではホテルの室内に入ったかどうかすら分からないからです。

GPSの記録は単に行動の記録です。対象者がホテルに行ったことは分かりますが、ホテルに行っただけでは浮気の証拠にはなりません。

いわゆる慰謝料請求や離婚調停、離婚訴訟を有利に進めるための浮気の証拠とは肉体関係があったと分かるものでなければいけません。ホテルに行った記録ではなく、ホテルに行った男女に肉体関係があることが分かる写真や動画である必要があります。

例えばホテルに寄った記録があったとしても、「体調が悪くなったので駐車場で休んでた」「1人だった」と言われればそれを証明しなくてはいけません。

「ホテルに行ってなにしてたの?」、「浮気したでしょ」と問い詰めるにしても、最低でも一人でなかったと分かる必要がありますよね。

GPSの種類

GPSの行動記録は浮気の証拠にはなりませんが、浮気を調べる際にはとても役に立ちます。GPSには2種類あります。それぞれの使い方と特徴について説明していきます。

リアルタイム検索GPS

GPSを対象者の車や鞄に取り付けると、スマホやパソコンでリアルタイムに相手の位置を確認することができます。

リアルタイムに行動が分かるので、例えばホテルに行った瞬間に現場に向かえば証拠をおさえることが可能です。リアルタイム検索GPSを利用するためには購入もできますが高額です。

機器のレンタルもできますが、セキュリティ会社かもしくは専用のスマホの契約を必要とするため、GPSロガーと比較して高額になります。1ヶ月のレンタル料金は性能にもよりますが、相場は35,000円程度です。

GPSロガー

GPSロガーはボタンを押すだけで対象者の場所を記録し続けます。

GPS端末に情報が蓄積されていくシステムで、GPS端末を回収してから情報を確認します。よってリアルタイムには分からないのでその場で現場に向かうことは不可能です。

リアルタイムGPSと比較して契約など面倒な手続きが無く費用も①のリアルタイム検索GPSと比較して安く、1万円程度で購入できます。

またバッテリー消費が少ないので、長期の調査に向いています。まずは浮気しているのか確認したい・夫の行動を調査して浮気相手との密会場所うかがいたいという場合はGPSロガーを利用するのがお勧めです。

自分でGPSを使って浮気の現場を撮ることは難しい

繰り返しになりますが、GPSを使って対象者の行動をおさえても浮気の証拠をおさえたことにはなりません。

離婚をしたい、浮気相手に慰謝料請求したい、夫と別れさせたいと思っているなら、できる限り肉体関係があったと分かるものである必要があります。

中でも浮気の証拠として有力なものに夫と浮気相手がホテルに入る写真などがあります。写真撮影くらい1人でもできるかもと思いがちですが、配偶者では浮気の証拠を抑えることは難しくなってきます。

写真は顔が分かるものでなければいけない

「写真くらいいつも撮ってるから大丈夫。」と思われますよね。でも普段撮る写真と浮気の証拠写真は求められる質が全く違います。

まず、撮った画像が対象者本人ということが分からなくては意味が無いので、2人の顔がハッキリ鮮明に撮影されていなければなりません。

そして浮気の密会は多くは夜間ですから、暗闇での撮影です。例えばホテルに出入りしてる写真を撮影したい場合、「待って、こっち向いて!」と言って立ち止まってもらうわけにはいきません。正面に立って写真をとろうとしても、夫にばれてしまい決定的な瞬間を抑えることができません。

浮気の証拠を抑えようと思った場合、一瞬のシャッターチャンスを逃さず条件に見合った写真を撮らな蹴ればいけません。なので、素人がスマホやデジカメで撮ろうとすると難しくなります。

実際に尾行することは難しい

GPSを利用したとしても浮気調査には尾行が必要です。

対象者が夫の場合、妻のあなたが尾行すると夫にばれやすいです。夫はあなたの顔も体型も髪型も服装も癖も知っているので、雰囲気で妻を感じると目で追ってしまうものです。

気が付かれたらその時点で夫は警戒をより強めてしまい、その後の浮気調査はできなくなってしまいます。

尾行は対象者の後ろをついて回るだけではなく、1人で尾行する際には対象者達に気が付かれないように撮影しなければなりません。スマホやケータイで写真をとるにしても正面に腕を上げていかにもスマホで写真を撮っていますなんて姿を見せたら注目されてしまいますよね。

撮影してる姿を見られるわけにはいきませんし、シャッター音も聞こえないようにとらなくてはいけません。

子のように実際にGPSを使って浮気の証拠を抑えようとしても難しいというのが現実です。

GPS機能の上手な使い方

浮気の証拠を抑えたいと考えている方におすすめの方法は、夫の行動をGPSで把握していざ証拠をおさえる時だけプロの力を借りることです。

GPSロガーで夫の浮気の行動を把握します。

ある程度の期間行動を記録するといつ何処に行っているかパターンをつかむことができると思います。

その情報を元に探偵に尾行と証拠写真の撮影を依頼するのです。

探偵というとお金がかかるイメージがありますが、それは『浮気しているようだ』という曖昧な状況から調査をスタートするからです。

はっきりしていない浮気調査はお金がかかる

浮気調査の費用は調査期間に比例するので、調査時間が少なくなれば費用も少なくて済みます。逆に、調査期間が長くなれば長くなる程高額になってきます。

浮気しているみたいだから浮気調査をしたいとなると、費用が掛かります。いつ何処で誰と会っているのか詳細は不明な場合は、そうなると当たりを付けて対象者を尾行し、空振り(夫が浮気相手と会わない日)を含めて調査費用を支払わなければいけません。

夫が毎日浮気相手と会っていれば空振りも無く証拠を集められますが、毎日会っている可能性は低いでしょう。すると調査期間が長くなり、費用も高額になりがちです。

一方GPSを使って夫の行動を記録しいつ何処で浮気相手と密会しているのかを調べていれば、浮気相手と密会する日や場所を特定することができます。

そうすれば、探偵にピンポイントで調査をお願いすることができます。すると無駄な空振りがなくなり、必要最低限の日数(=費用)で浮気の証拠をつかみ、調査を終わらせることができます。

探偵は浮気の証拠を押さえるプロ

また証拠写真の撮影に必要な望遠カメラや赤外線カメラなどの機器、対象者の顔を鮮明に映す撮影技術も、素人とそれを専門の職業にしている探偵とでは格段に違います。

撮影のチャンスは何度もあるわけではありませんし、浮気調査なんて早く終わらせるに越したことはありません。

『ここ』というポイントを明らかにしてプロの力を借りれば浮気の証拠を抑えることができます。そうすれば、離婚、浮気相手と夫を別れさせる、浮気相手に慰謝料請求するといったあなたの望んでいる浮気の解決の仕方ができるでしょう。

GPSは浮気調査の下準備として利用しよう

GPSでの行動記録では浮気の証拠にはなりません。証拠と言えるのはあくまで夫と浮気相手が不貞を行っていることを証明する画像や音声記録です。

GPSはあくまで浮気調査の下準備という位置づけで、調査を1日でも早く終わらせる足掛かりとして利用すれば、浮気の早期解決ができるでしょう。

≫≫GGPS記録を生かして夫の浮気の証拠を集める方法はこちら