妻が浮気をしているため離婚を考えていますが父子家庭となると不安が大きいです

妻が浮気をしていると「家庭を顧みずに何をしているのか」と憤ってしまいますよね?しかし離婚へと心が傾いていても、子供がいるために思いとどまる夫婦も一定数います。やはり今まで協力して子育てをしてきたのを、いきなり一人でやっていくのは不安があると思います。

 

父子家庭は全国で22万世帯ほどいますが、苦労せずに子育てをしている家庭はほとんどいないと考えられます。よく考えてみると両親が揃っていても、子育てにはさまざまな問題が発生するのが普通ですから、父子家庭で問題なく子育てをしているケースはごくまれだと思われます。

 

しかし、ここは逆転の発想で「子育ては両親が揃っていても苦労するのが当たり前なんだから、父子家庭なら余計苦労するものなんだ。だからその苦労を楽しんでしまえ!」と考えてみたらどうでしょうか?子供の成長を常に見続けることができるのは幸せなことです。もしかしたら妻が一緒だったら見えていなかった子供の一面に気が付けたり、あなた自身も子供に成長させてもらった実感が強くなったり、と悪いことだけではありませんよ。

 

養育費は妻の収入によってはもらえないのか

さて、父子家庭になることで心配なのはやはり経済的なことです。場合によっては子供のために転職をせざるを得なくなり収入が減ることも考えられます。家庭を優先することで出世の道から外れることも十分にあり得ます。妻がいたことでできたことができなくなると仕事=収入への影響は少なからずあることは考慮に入れて離婚しましょう。

 

子供をあなたが引き取るということは、妻は養育費を支払う義務が出てきます。養育費をしっかりと支払ってもらうことで経済的な負担を少しでも軽くすることは大事なことです。妻に収入があるかないかに関わらず、養育費は子供にとって生活保持をするための権利で、両親に課されるものです。極端に言うと親であるからには自分の生活を犠牲にしてでも養育費は支払わなければならないものです。

 

離婚時には口約束ではなく、公正証書を作成して法的に強制力のあるもので、養育費について取り決めておいてください。また養育費の支払いを確実にするために離婚後も妻とは密に連絡を取り合い、妻の所在や職場の確認は必ずしてください。妻が引っ越ししたり転職した場合は、その旨を確認して養育費の支払いが滞らないようにしてください。

 

父子家庭への公的な支援制度

父子家庭には国や自治体による支援制度があります。具体的には「児童手当」「児童扶養手当」「医療費の助成制度」などですが、支援を受けるためにはそれぞれ要件がありますし、手続きをしなければ受けることができないものがほとんどですので、まずはお住いの地域の役所を訪ねて詳細を確認した上で手続きをしてください。

 

自治体によっては上記の3つの支援制度のほかに独自の支援策を設けているところもありますから、仕事の都合もあるかもしれませんが、時間の都合をつけて相談に行ってください。あなたのためでもありますが「子供のため」ですので時間を惜しまずに受けられる支援は全て受けるようにしましょう。

 

離婚が決まってからではなく、離婚を考えたらこれらの支援制度について自治体に相談しておいてください。それによって離婚への準備もスムーズにできますし、父子家庭になることへの不安も軽減されるでしょう。離婚後のさまざまな手続きもスムーズに行えますのでくれぐれも「先に」行ってください。

 

仕事と子育ての両立で一番に考えること

父子家庭になることでの一番の不安は「母親がいない家庭で子供を健やかに育てていけるか」ということだと思います。子供が体調を崩し仕事を休むこともあるかもしれませんし、残業や出張もままならなくなるでしょう。そのような事情から転職する方も多いです。

 

父子家庭になることでの起こり得る可能性を、会社の方々にしっかりと説明をして、理解を得てください。万が一父子家庭になることを伝えて会社で不利益を被るなら、法的手段を取るか転職を視野に入れましょう。父子家庭であることで起こることで会社の協力を得られずに子育てに支障が出るようでは本末転倒です。いくら経済的に裕福でも子供の幸せのためにはなりません。

 

子供の成長のためにはお金も必要です。しかし働くことの意味を今一度よく考えてみてください。会社のため?あなたのため?いいえ「子供のため」です。働いて収入を得ることは子育てのための手段と割り切ってください。会社の都合やあなたの都合よりも優先すべきは子供のことです。

 

父子家庭になるということは妻がいれば当然できていたことができなくなることは覚悟しなければいけません。給料がよくても、好きな仕事でも、やりがいがあっても、子供にとっては二の次です。くれぐれも「子供のために」という意味をはき違えないように注意してください。

 

経済的に苦労してでも子供の「心」の面を一番に考えましょう。あなたと妻の離婚によって子供は傷ついています。あなたにとって最優先事項は子供の心のケアです。お金に不自由がなくても、あなたがほとんど家にいなければ子供の心の傷はいつまでたっても癒されません。あなたの存在意義は「子供のため」と言っても過言ではありません。

 

子供にとっては成長した時に「あなたとの思い出」が一番の宝物になるようにしましょう。それは高いものを買い与えることや、よい家に住み、よい服で着飾ることでもなく、子供があなたと「こんなことをして楽しかった」「こんなことをしてくれた」「辛い時に寄り添ってくれた」ということが大事なのです。それは決してお金では買えないものです。

 

子育てとは結局は自分の努力と考え方次第

妻の浮気で離婚を考えているのは、子供のためですか?あなた自身のためですか?子供のために離婚を考えているなら、あなたは父子家庭になっても、きっと子供を幸せにできます。子供は妻がいなくなることで寂しい思いや、辛い思いを抱きますがあなたは最大限の努力でフォローしてください。

 

夫婦円満でいる家庭でも子育ては山あり谷ありで、親が思い描いている通りに全てが上手くいくことはありません。ですから「父子家庭だから子育てが上手くいかなかったらどうしよう」とマイナスに考えるよりも「父子家庭でもこんなにいい子に育ってくれた」と思える日が来ることを信じて前向きになることが大切です。

 

子育てを苦労ばかり、と考えずに「子供と一緒にいられる」「子供の成長を見て感じられる」「子供の考えが分かるようになってきた」「子供といろんな体験をできる」と考えてみてください。とてもかけがえのないことですよね?あなただけに与えられた、こんなにも嬉しい権利は他にはありません。それが今後、あなたがさまざまな困難を乗り越えていく原動力になります。ぜひその権利を勝ち取るために頑張ってください。


≫≫浮気の証拠集めで子育て苦労をしないようにしよう

夫の浮気の証拠足りてますか?

最近、夫に「隠れて誰かと電話している」「態度がよそよそしくなった」「夫婦生活を断られるようになった」といった兆候はないでしょうか?こんな事があると夫が誰かと不倫しているのではないかと気が気でいられないことでしょう。

「こんなプライベートな悩みは誰に相談していいのか分からない」と、一人で抱えてしまってはいませんか?そんなとき、探偵事務所が浮気・不倫の悩みをしっかりとサポートしてくれます。
  1. 原一探偵事務所

    原一探偵事務所は調査実績42年、解決実績8万件以上と業界でも信頼できる最大手の探偵事務所です。

    審査基準の厳しい県庁のサイトに探偵として唯一掲載されている探偵社で、「徳光和夫の感動再会”逢いたい”」や「目撃ドキュン」など、多くのテレビ番組にも調査協力している、知名度の高い探偵事務所です。

    原一は探偵事務所の中でも10年以上勤めているベテランの調査員が揃っています。調査力に優れているので、あなたの些細な行動を手掛かりに浮気を確かめたり、証拠を集めることも可能です。

    また、浮気に携わってきたベテランの相談員があなたの浮気の悩みについて真剣に聞いてアドバイスをしてくれます。

    全国に16拠点あり、日本全国を対象に調査を行っています。

    浮気の相談、浮気調査の見積もり無料です。

    ↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

    TEL:0120-03-0032


  1. HAL探偵社

    浮気の証拠を集めたい人におすすめなのが「HAL探偵社」です。

    HAL探偵社は後払い(成功報酬)で分かりやすい料金体系の探偵社です。

    HAL探偵社では必ず調査前に丁寧なカウンセリングを通じて、あなたの目的に応じたプランを作成して浮気調査の料金を見積もってもらえます。

    また、料金システムが成功報酬型なので、もしも浮気の証拠が取れなかった場合は料金がかかりません。

    なので、夫の浮気がわかっていて浮気の証拠を集めたいと思っている人におすすめの探偵社です。

    また、HAL探偵社のサイト中部にある慰謝料チェッカーでは慰謝料がいくらなのか無料で調べることができます。浮気の証拠を集める前に慰謝料請求でどの位もらえるのか心配な人にもおすすめです。

    ↓あなたがもらえる慰謝料はいくら?↓

    慰謝料請求の見積もり計算はこちらから

    「浮気を確かめたい」人だけではなく、浮気の証拠を使って「夫の浮気をやめさせたい」、「浮気相手に制裁・慰謝料請求したい」、「離婚したい」人におすすめです。

    ※問い合わせ後、確認の電話が届きますので、電話が取れる状態でお待ち下さい。

    ↓問い合わせ・無料相談はこちらから↓

    TEL:0120-796-312