最近のボイスレコーダーやICレコーダーは性能が良く小型化していて、浮気調査には欠かせないアイテムになりつつあります。

ちょっと見た目ではレコーダーとは思えない文房具タイプのもあってこれからますます需要が増えそうです。

でも気になるのは音声の証拠能力です。音声の録音は浮気の証拠として認められるのでしょうか。レコーダーの証拠能力や設置方法、設置に関する注意点なども含めて説明していきましょう。

録音した浮気相手とのやり取りは浮気の証拠になりますか?

夫と浮気相手の会話の録音だけでは浮気の証拠としては不充分です。たとえその会話で夫と浮気相手に肉体関係があることが示唆れていても、会話(音声)だけでは本人達であることが確認できないといけません。

ただし他の物的証拠と組み合わせて状況証拠としては使えますし、会話の内容は証拠にはならなくても重要な情報になります。

行為の最中を録音できたら浮気の証拠になりますか?

「行為中の録音なら浮気の証拠になりますよね!」と言いたい気持ちは理解できます。

でも、残念ですが行為中の音声でも浮気の証拠にはなりません。たしかに声だけでも誰かなのか分かるかもしれません。でも声が似ている人も居ます。

画像と違って肉声だけでは『絶対にこの人』と判断まではできないのです。あなたが聞いて夫の声だと思っても「違う人間だ」と言われてしまえばそこまで、見て確認して証拠を残していないのであれば証明は不可能です。行為中の画像であれば顔が写っていれば確実な証拠になりますが、録音だけでは状況証拠にしかならないのです。

浮気の自白は録音だけではなく念書にする

夫や浮気相手が『2人に間に不貞行為があった』と自白した肉声の録音がとれたとしましょう。本人の自白は当然ですが絶対的な証拠になります。

でも後々言った言わないの水掛け論になる場合もあることもあります。「自白を強要された」と言い訳をすることもありますし、録音だけでは証拠能力が低くなります。

本人達の自白は書面(公正証書)にして保存することが重要です。書面にする際は必ず以下の内容をもり込みます。

  • (夫と浮気相手)2人に肉体関係があったこと
  • 関係はいつからいつまでだったのか
  • 関係を持った場所(ホテル名または自宅など)
  • 夫が既婚者であることを知っていた(または知らせていた)
  • 以後一切の関係を断つことおよび謝罪
  • (今回慰謝料の請求をしない場合)再び接触をした場合には慰謝料の支払いに応じること
  • 相手の氏名と住所
  • 捺印

重要なのは、浮気相手が『あなたの夫が妻帯者』であることを知っていたこと(または夫が自分が妻帯者であることを知らせていたこと)、2人に肉体関係が複数回あったことが分かる内容であることです。

特に、慰謝料請求で訴訟をする場合はこの2点が重要なポイントとなり、慰謝料の額にも影響します。

夫が浮気を認めたら慰謝料請求できる?

仮に浮気相手が否定しても夫が浮気したことを認めれば慰謝料の請求は可能です。でももし浮気相手が否定している場合はそれを覆すだけの証拠を用意しておかなければなりません。

例えば夫が「自分が妻帯者だと最初から言っていた」と自白したとしても、実は妻帯者であることを隠して付き合い始めていて、保身のための事実と異なる自白をしたのかもしれません。夫の自白しかない場合はできる限り状況証拠を揃え裏付けを取ってから行動にうつさなければ、万一間違いだった場合あなたと夫が加害者となってしまいます。

無断で録音しても大丈夫?

特に自分に非がある状況で「録音しますよ」と言って話しをしたら、相手は身構えて言葉を選び自分に有利になるような話しをするでしょう。だからこそ真実を知りたいときは、録音は無断で行った方がよさそうですよね。

でも無断で録音した場合証拠能力に影響があるのか気になると思います。繰り返しになりますが、音声の録音だけでは確たる証拠にはなりません。浮気を認める自白などの音声も同様です。

極端な言い方をすると目に見えるものだけが確たる証拠となります。一番分かりやすい例は『ホテルに出入りしている2人の写真』です。

録音だけで浮気の証拠にしようとせず、録音から得られた情報を有効活用しましょう。

ボイスレコーダーやICレコーダーの設置先は?

では実際にボイスレコーダーを使用する場合、設置するのに適した場所は何処なのでしょうか。

車内

車内はボイスレコーダーを設置するのに一番適している場所と言えます。不貞を行っている2人は車内は密室になるため、周囲を気にせず赤裸々に話しをします。設置する場所はダッシュボードの下か助手席の裏などが見つかりにくく録音にも影響がない場所です(見つかりにくいことに拘ってしまうと音声が拾えない場合があります)。

移動手段が車の人は車内を調べると浮気をしているかが分かる?

 

部屋の中(あなたの自宅)

夫が浮気相手を自宅に連れ込んでいる場合は車内より更に設置しやすく見つかりにくいでしょう。また浮気相手と電話をしている音声も録音できるかもしれません。でもあくまであなたの自宅のみです。浮気相手の自宅やホテルなどに設置するのは犯罪になってしまうため絶対にやめましょう。自宅に設置する場合はベッドの下やあなたの持ち物の中(夫が普段から見ない場所)がお勧めです。

夫のカバンにレコーダーを仕込んではいけない?

『レコーダーなら夫の鞄に忍ばせておけば会話が全部録音できるじゃない。』と思っていませんか?それは絶対にお勧めできません。

  • 夫が浮気調査に気付いてしまうかもしれない

いくらレコーダーが小型化・軽量化したとしても、自分の鞄に自分の物でない物が入っていれば気が付きます。自分が浮気していて妻であるあなたに対して警戒している状態ならなおさらです。浮気調査をしていることが夫に知られてしまったらその後の調査は続行不可能となり証拠も入手できなくなってしまいます。

  • 夫婦関係が悪化する

あなたが浮気調査をしていることに夫が気が付いたら、自分がしていることを棚に上げて「俺のことが信用できないのか」「信頼関係が無くなった」などと言って夫婦関係が悪化することも考えられます。更には夫が離婚を考えている場合は逆手に取られて夫から離婚を切り出される可能性すらあります。そうなったら最悪の場合あなたが慰謝料を支払うことになることもあるのです。

通勤カバンの中身から浮気を見破る方法

通勤カバンの中身から浮気を見破る方法

会話を録音できれば、浮気相手との関係も明らかに

録音されていると知らなければ2人は日常の会話をします。そこから色々なことが分かるでしょう。例えば2人の関係や相手の女性の素性です。

浮気相手とのやり取りから、浮気相手の名前はもちろん、お互いの呼び方から会社関係者だな、など浮気相手との関係が分かるようになります。

特に夫や浮気相手との会話を録音する際に注目してほしいのは、浮気相手と夫がデートした日や、次のデートの予定です。

夫が浮気相手と会っていた日にどういう言い訳の仕方をしていたのか分かれば、浮気した日が分かります。

大抵は「残業」「休日出勤」といった口実を使って、浮気相手と会うことが多いです。

次に浮気相手と会う予定があることがわかったときには、浮気の証拠をつかむ重要な情報になります。

ボイスレコーダーでつかんだ情報で効率よく浮気調査

浮気相手と夫が会う日がわかったときには浮気調査が非常に有効です。

一番効率が良い浮気調査は夫と浮気相手が密会する日(時間)に限って調査をすることです。2人が直接話して会う約束をしていたのならほぼ100%その日時に2人は密会するでしょう。だからこそ、2人の密会時間だけ探偵に浮気調査を依頼することで、安くて確実に浮気の証拠を抑えることができます。

例えば2人が次の金曜日の夜19時に夫の会社近くで待ち合わせをしたとします。その日あなたは用事を作ります。

「金曜日何時頃帰る?用事があって夕食の支度ができないかもしれないから悪いんだけど夕飯外で済ませてくれない?」と言います。夫は喜んでこう言います。「分かった。じゃあ○○と飲んで来るよ。ゆっくりしておいで。」

後は18時半から探偵に尾行を依頼して証拠写真を撮影してもらうのです。19時から24時の5時間の調査で調査費用は10万円前後(東京都調査業協会による探偵の相場から計算)です。

離婚や慰謝料請求を考えている場合は複数回の不貞行為の事実が重要になってきます。浮気の証拠を抑えることで、夫や浮気相手に認めさせるだけならたった1日で夫と浮気相手の不貞の証拠が入手できます。

探偵に浮気調査を依頼するメリットとデメリット

 

音声データは重要な情報源になる!

音声データは確実な証拠にはなりません。画像と違って本人達も言い逃れしやすいでしょう。で

も本人達の話しだからこそ得られた情報に間違いはありません。得られた情報を無駄にしないよう綿密に計画を練って、浮気の証拠を集めましょう。

≫≫録音よりも確実に夫の浮気を確かめて証拠を集める方法はこちら