浮気の証拠というと代表的なものは写真などの画像です。誰が見ても夫と浮気相手だと断言できるくらいハッキリ顔が写っている『ラブホテルから腕を組んで出て来る写真』であれば夫も言い逃れすることなく浮気を認めるでしょうし、司法も不貞行為ありと認めてくれるでしょう。でもそんな写真は簡単には手に入りません。手持ちの写真が浮気の証拠になるのかどうかといったことや、浮気の証拠写真を自分で取りたいということをテーマにお話をしたいと思います。

浮気の証拠になる写真とならない写真の違い

浮気の証拠で一番重要なことは「肉体関係があったかどうか」です。

浮気の証拠になる写真で一番有力なものはラブホテルに入る写真と一定時間(30分程度)以上経過してから出て来る写真の2枚です。2枚がセットになって初めて浮気の証拠写真となります。

入ったところだけ・出来るところだけの写真では滞在時間が分からず、性交渉があったかの予測ができませんよね。また当然ですが2人の顔がハッキリと鮮明に映っていなければ証拠能力がありません。

例えば夫だけ・浮気相手だけしか顔が写っていないとなると、夫と浮気相手の2人だということが証明できないので証拠にはなりません。

この写真は浮気の証拠になりますか?

では比較的入手しやすいこの写真達は浮気の証拠になるのでしょうか。

  • チュープリ

妻の立場からするとチューしてる時点で充分浮気ですよね。確実に親密な仲であることは推測できますが、チューだけでは肉体関係があることは証明できないため、チュープリは浮気の証拠にはなりません。

  • デートスポットでのツーショット写真

ツーショット写真もチュープリと同じです。たとえデートしていたとしても肉体関係の有無は分からないため、デートスポットに行ってもツーショット写真があっても浮気の証拠にはなりません。

  • 浮気相手の家に入る写真

浮気相手の家に入る=肉体関係がある、ではないため、1回限りでは証拠としては認められません。ですが、複数回(可能であれば3回以上)の出入り、しかもある程度の滞在時間を証明することができれば、浮気の証拠としての効力が出てきます。

また浮気相手の家の駐車場に夫の車が停まっていたとしても夫が家の中に居るかは不明ですし、車が停まっているだけで2人に肉体関係があるかどうかも分からないため、浮気相手の家に入る写真1度だけでは浮気の証拠にはなりません。

  • 自宅に入る写真

これも浮気相手の家に入る写真と同じで、自宅に入る=肉体関係があるではありません。ただし、一定時間の滞在が複数回あって浮気の証拠として効力が出てきます。

  • 顔が写っていない行為中の写真

顔が写っていないとなると本人達であることを証明できないため証拠としては使用できません。夫婦だと明らかに自分の夫だと分かるかもしれませんが、他の人から見れば分かりません。誰かと浮気をしていることは確実ですが、証拠としては不十分です。

ラブホへの出入り写真は一度だけで充分ですか?

司法では配偶者の1回限りの不貞行為は、夫婦が破綻するほどの事由ではないと判断します。

継続して複数回の不貞行為が認められた場合に初めて訴えた配偶者に離婚を求める権利が与えられ、有責配偶者(離婚に至る責任がある配偶者)と浮気相手に対して精神的苦痛への慰謝料の支払いを求めることができます。

複数回の不貞行為は何回という規定はありませんが、一般的にはラブホテルへの出入りであれば2回以上、どちらかの自宅であれば3回以上の出入りが証明されると有利に離婚や慰謝料請求ができます。

過去の訴訟では1回の不貞の証明だけでも勝訴した例はありますが、それは写真だけでなく、2人に継続的に不貞行為があったことを証明出来る証拠があった場合です。

写真の他の証拠とは、メールやラインのやり取りだったり、第三者の証言であったり、夫や浮気相手が書いたメモなどです。いくつかの証拠を組み合わせることで不貞を立証できる場合はありますが、証拠が写真だけなのであれば1回限りでは証拠としては不充分です。

浮気の証拠写真は自分で撮ったりすることはできますか?

絶対に不可能ではありません。でもとても難しいです。浮気の証拠写真を撮影する状況や精度を考えるといくつかの課題があります。それを全てクリアできて初めて浮気写真の撮影が成功します。

  • 2人の顔がハッキリ分かるように撮影する

まずは基本ですが、本人達が言い逃れできないくらい鮮明に顔が写っていないと証拠写真にはなりません。ホテルに出入りするのは一瞬なのでその瞬間を捉えないと、証拠能力があるとは言えません。

  • 2人に気が付かれないように撮影する

2人に気が付かれないようにかなりの遠距離からの撮影になります。顔が知られている場合にはスマホやデジカメでは精度に限界があるため、望遠カメラなどを使わないと遠くから写真をとることは難しくなります。

  • 暗闇での撮影

浮気の密会は夜の方が多いでしょう。日中なら逆光でなければ撮影も簡単ですが、夜間の撮影でフラッシュをたくこともできないので(光ったら気が付かれてしまいます)とても難しいと思われます。場所によっては暗視カメラが必要な場合もあるでしょう。

  • ホテルに出入りする写真を3組撮影する

何よりもこれが一番やっかいです。ホテルに入る夫と浮気相手を冷静に写真撮影できますか?出て来るまで平静で待っていられますか?それを3回も繰り返せますか?メンタルが強い人でもかなり精神的に辛くなると思われます。

浮気の証拠写真は普通の写真とは違う

「写真撮るよ、こっち向いて。」とは言えない状況で相手に気が付かれずに撮影するのは簡単なことではありません。浮気の証拠は普段とるような写真とは違って、写真を撮るときの状況も写真に求められるものも違います。

ましてや撮影する相手はあなたの夫です。もしあなたに夫への気持ちが少しでも残っているのであれば、これ以上酷な作業はないですよね。自分で夫が浮気をしている写真を撮ることは難しいといったほうがいいでしょう。

浮気の証拠写真は簡単には手に入らない

一般的に考える浮気の証拠と法が認める浮気の証拠には差があります。法が認める浮気の証拠とは、配偶者と浮気相手との間に性交渉があることが分かるものに限定されます。

そして誰が見ても本人達だと認識できるくらい鮮明に撮影されていなければ認められません。妻の立場からするととても理不尽ですが、それが現状でもあります。

浮気相手に慰謝料請求をしたい、夫と有利に離婚したい、どうしても夫と浮気相手を別れさせたいと考えている時には司法の場でも通用するような浮気の証拠を抑えることでスムーズで確実に浮気問題を解決することができます。

浮気の証拠写真を入手してもらいたいのであれば、探偵などの浮気調査機関を利用しましょう。

探偵は浮気調査が主な業務でもあります。探偵は尾行、聞き込み、張り込み調査をし、浮気の証拠を写真として残してもらうことができます。

特殊な精密機器で撮影しますし、日頃から訓練しているので失敗せずに証拠を抑えてもらえるのではないでしょうか。

≫≫夫の浮気の証拠を集める方法はこちら