繰り返される夫の浮気。もう我慢の限界だから徹底的に調べてから離婚を切り出したい!と思うのも無理はありません。でも浮気調査って尾行したりこっそり写真を撮ったり、違法行為ではないのか心配ですよね。探偵に調査をお願いするにしても自分の力で調査をするにしてもどこまでが合法でどこからが違法なのか調べてみましょう。

浮気調査のせいで浮気相手や夫に訴えられることってあるの?

調査をしようとしているあなたと夫は夫婦です。『夫の不貞』と『調べる人が配偶者』この2つの理由があると、浮気調査はかなりの範囲までは合法となります。

とは言っても、何をしても許されるわけではありません。場合によっては夫や浮気相手から訴えられることもありますし、逆に夫から離婚や慰謝料請求をされてしまうこともあります。最悪の場合は逮捕されることもあります。

プライバシーを違反すると浮気の証拠にならない?

離婚訴訟になった場合、違法に収集された証拠物は証拠能力がないとみなされます。これを『違法収集証拠排除法則』と言います。ただし浮気調査における『プライバシー』に限ると線引きが曖昧なのが現状です。

なぜならば、浮気調査をするのは夫婦のどちらかであり当然ですが2人は夫婦なので、どこまでがプライバシーなのか裁判でも判決が分かれてしまう難しい問題なのです。

他人に行ったらプライバシーの侵害に当たりますが、夫婦間での浮気の証拠集めであれば以下の行為は許容範囲と言われています。

  • 自宅に盗聴器を仕掛ける
  • パスワードのかかっていないスマホ(携帯電話)やパソコンをチェックする
  • 夫婦の車に自分でGPSを仕掛ける

では、どんな行為だと違法になってしまうのでしょうか。

浮気調査で違法になる行為

夫の行動の情報を入手する上で一番身近なのがスマホ(携帯電話)やパソコンです。ついついやってしまいがちですが、いくら夫婦間でも犯罪になることもあるので注意が必要です。

不正アクセス禁止法違反

人のパソコンやスマホのパスワードを勝手に解析するという行為。または遠隔アプリなどでパートナーが利用しているWebサイト、メールサービス、SNSなどのIDやパスワードを入手盗用してメールなどを見たり、ID・パスワードの所有者になりすまして利用する行為

不正指令電磁的記録供用罪

移動履歴や通話履歴を取得することができるアプリの機能を所有者に無断でスマホにインストールし、他人のプライバシーを盗み見る行為

 

また夫婦が使用する自宅の車にGPSをしかける事は許容範囲と言われていますが、他人の車輌に設置するとプライバシーの侵害として損害賠償請求の対象となります。 場合によっては刑事罰としてストーカー規制法違反、また住居侵入罪もしくは建造物侵入罪に該当するので気を付けましょう。

探偵がする浮気調査は合法?

日本には『探偵業法』という法律があります。探偵はその法律に基づいて調査をするので違法性はありません。浮気調査のために探偵を雇うことは合法です。

浮気は、夫の権利・妻の権利の侵害である行為(不法行為)であり、違法行為です。そして配偶者の不貞を立証するためには、第三者でもわかるような証拠を入手する必要があります。

つまり浮気調査は違法行為立証のためで、正当な行為であると考えられているのです。夫に浮気の兆候が見られたことから探偵に調査を依頼したからと言って罪に問われることはありませんし、証拠写真を撮影したからといってプライバシーや肖像権の侵害にはならないのです。

探偵がしても違法になることは?

もちろん探偵でも探偵業法で認められていない違法行為を行った場合は罪に問われます。

  • GPSを対象者の車、浮気相手の車などにつけて移動先や居場所などを調べる

夫婦のどちらかが自宅の車に取り付ける事は違法ではないとされていますが、探偵は所有者では無いため『住居侵入罪』『器物破損在』『ストーカー規制法違反』『プライバシーの侵害』に問われる可能性があります。

  • 浮気相手の自宅に盗聴器を設置する

浮気相手の自宅に入り込んだとして『住居侵入罪』に問われます。また設置の際物を壊した時は『器物破損罪』も該当します。

  • オートロックのマンションに侵入して浮気相手の部屋番号などを調べる

これも②と同様に『住居侵入罪』です。

  • 電話の盗聴

電話は『通信の秘密』が憲法で保障されているため盗聴も違法です。

 

ただ、探偵はしっかりと自分たちができること、できないことを知ったうえで浮気調査をしています。なので、探偵に浮気調査をした際に違法だといわれることはまずありません。

浮気調査を友達にお願いするのと探偵にお願いするのはどう違うの?

浮気調査には必要な物が多くあります。最低でも以下の3つは証拠を入手するために絶対に必要です。

・対象者に絶対に気が付かれないように尾行するテクニック

・対象者に絶対に気が付かれないように尾行するために必要な複数台の車両

・不倫している2人に気が付かれないように、かつ暗闇でも2人の顔がハッキリ分かるように写真を撮影するテクニックと機材

 

対象者に尾行を気が付かれたら証拠を手に入れられません。逆に『こんなことをされて信用できなくなった』と、正当な離婚理由を相手に与えているようなものです。だからこそ証拠を入手するまで絶対に尾行に気が付かれてはいけません。

普通の生活の中で人を尾行するなんてことはありませんから、尾行する時に何に気を付ければいいかなんて一般の人では分からないと思います。

例えばですがあなたが友人の夫を尾行しているとします。その時友人の夫が急に振り返りました、あなたならどうしますか?慌てて視線を逸らしてしまいませんか?実はこれ、探偵業界では絶対にNGです。

人間何も気にしていない状態で前を歩いている人が振り返ったら、自然とその人を見てしまうものなのです。なのに相手に気が付かれないようにしよう気を使っていると、自然の法則とは違う行動をしてしまうのです。不自然な行動は尾行されている対象者に『何か変だ』と思わせ、警戒されてしまいます。だからこそ探偵は対象者が急に振り返ったときは、対象者をジーっと見るのです。そしてすぐに違う調査員をチェンジします。

また浮気調査は違法と合法の境が曖昧なので、安易に素人が手を出すのは危険です。探偵は探偵業法でやってはいけないことを熟知し、その上で調査を行います。また探偵は、配偶者の不貞の証拠を入手するために依頼された正当な『仕事』として調査をし写真撮影を行います。だからこそ第三者を尾行しても撮影してもプライバシーの侵害や肖像権の侵害に該当しませんが、友人が同じことをしたときには最悪の場合訴えられる可能性があります。

探偵に浮気調査を依頼するメリットとデメリット

 

浮気調査は合法。探偵は法律の範囲内で仕事をしてくれます。

浮気調査をすることは、浮気された配偶者の権利として認められています。違法ではありません。調査を探偵に依頼することも、依頼された探偵が調査をすることも違法ではありません。ただし定められた法律の範囲を逸脱してしまうとあなたの立場が悪くなってしまうのも事実です。調査をするための下調べは自力でしても、浮気調査はプロに任せたほうがいいでしょう。

ネットを使って浮気調査のために使う探偵の選び方

 

浮気の証拠を夫との離婚に備えて集めたいなら?